草取りの料金

草取りの費用を安くする裏ワザ大公開

草取りは、最低でも一年に一度はやってもらわないと、庭がたいへんなことになってしまいます。本来ならば、手が空いたときに、少しずつ草取りをしてあげるとよいのですが、忙しいとなかなかそういうわけにもいかないことでしょう。 草取りを業者に依頼するときは、庭全体の草取りをお願いするのではなく、作業がしにくい場所や、雑草の繁殖が激しい場所に絞り込むと、料金を安くすませることができます。 隣家とに挟まれた陽当りの悪い場所などは、自分でもやる気になりさえすれば何とかなるものです。プロに草取りをしてもらうのは、雑草が根を深く張っていて、素人がやると作業が辛い場所を中心にしたほうが賢明です。 多くの場合、料金は作業する面積に比例して計算されるため、範囲を絞り込むというのは合理的な考えです。

草取りにかかる費用の割合

草取りは一見簡単そうに見えますが、実は意外に重労働な作業です。特に真夏の炎天下での作業は体力の消耗が激しく、時に脱水症状をおこすことさえあります。それだけでなく膝や腰にも負担がかかるので、草取りを無理におこなうとその結果が高くつくことがあるかもしれません。 最近は庭師や伐採業者だけでなく、何でも屋といった職業の人たちにも草取りを依頼できます。そういったサービスでは草取りの作業のみのものからそのあとの除草剤の散布から、除草のためのシートや砂利の敷詰めといったアフターケアまで行っているサービスもあります。 料金は時給制から除草範囲で決めるものまで様々あり、頼む人数に加えて業者や草取りの内容によってもかなりの差が出ます。気になる人は一度業者に問合せをしてみて、料金の見積もりをしてもらうといいでしょう。