重労働を代行

草刈りで注意する点についてお話します。

草刈りする場合はたいてい草刈り機械を使うと思います。円形のカッターがついた方から襷がけにして行うあの作業です。この作業で注意が必要なのは誤って自分の身体を切ってしまわないようにすることです。慣れないうちはケガもしやすいですから始めはベテランの方に指導を受けながら行うようにしましょう。 また円形カッターが怖いという方は現在はカッターの代わりに、紐を回転させて草を刈るものもありますので、そちらを使って事故を防ぎましょう。これは紐の先に小さな重しがついておりそれが回転するのです。 また当然のことながら、草刈り作業中は周囲に人がいないことを確認し、また小中学生が近づいてこないように監視役を立たせてやることが大切です。

安く依頼できるところもあるのでお願いすることも考えてみましょう。

草刈りをするのは夏場が多く、体力も使うお仕事です。また夏場には体力に自信がない人や時間がなく忙しい人は業者にお願いしてみてはいかがでしょうか。 造園業者などが草刈りを代行してくれるサービスをしています。ホームページなどで探してみると、自宅近くの業者きっとみつかると思います。 また同じように草刈りの依頼をするなら市区町村のシルバー人材センターに頼んでみてはどうでしょうか。業者よりも安い値段でやってくれることがほとんどですので、市区町村に問い合わせてみましょう。 また草刈りに加えて草が生えないように刈ったあとは黒色の遮光シートをはってしまうというのも手です。そのテクニックを使えば草の成長をかなり抑えこむことができます。