TOPICS

日本伝統の

最近では、多くの方が宮大工とう言葉の意味を知りません。ここでは、日本の伝統的な建築方法を今も守り続ける宮大工についての紹介を行なっていくので、宮大工についての知識を少しだけ高めましょう。

 Read More

草取りの料金

草取りは常に行わないと放っておくと大変なことになりかねません。範囲が広くなればなるほど重労働になるため専業者に依頼するのも1つの手です。費用はその都度で変わってくるもので基本的には見積もりで算出します。

格安で依頼することができる屋根塗装は川口市のこちらが一番です。見積もしっかり出してくれるので終始安心して任せられます。

 Read More

屋根の塗装を

最近では、多くの方が屋根の塗装を気にす瑠葉になりました。屋根塗装は外壁塗装とにています。建物の塗装は使用する塗装剤によって得られる効果が違うので気を付けましょう。

 Read More

専門の業者に

建物は経年劣化していくものです。屋根などに雨が染みこんで住宅の床に水溜まりができてしまうこともあります。この様な雨漏り修理は一般の方ではなかなかできないので、専門業者に修理を依頼しましょう。

 Read More

宮大工とは一体

宮大工を利用するとしたら

宮大工とは神社や寺などの建設や修復を行う職業です。その特殊な専門性から木造建築に関して強いとですが、一般の建築物に関しての需要がほとんどないです。そのため様々な工法を学んで一般的な建築物に対する仕事を請け負ている宮大工も多く存在しています。神社や寺などの数はある程度決まっているため、多くの宮大工は仕事のスケジュールが大まかに決まっていることが多く注意が必要です。最近ではインターネットから建築の依頼に関する受付を行っている企業も多く存在し利用しやすくなっています。とくに木組みの建築物は現在でも人気が高いため仕事自体は多くあります。無料で資料請求が可能な企業もあるため資料を申し込んでみることをおすすめします。

平均的な給料などの価格相場

宮大工の給料はほかの大工と同じく技術系では比較的高いものとなっています。成功した場合年収は約600万円ほどになるといわれています。しかし、宮大工になるためには見習いとして多くの年月を修業する必要があります。見習い期間では月収が20万以下であることが多いですが手に技術を付けることができます。昔ならば師弟関係のように学ぶことができましたが現在では建設会社に就職する形となっています。専門性の高い分野であることから従事する技術者の人数が少なく、さらにほとんどの作業を手作業で行うため工期が長くなってしまいます。その分コストが上がるために宮大工への依頼料はほかの大工に比べると格段に高いものになってしまいます。

CHECK!

重労働を代行

草刈りは自分で草を刈っても良いのですが、草刈りは多くの方が考える以上に重労働となっています。そのため、多くの方は草刈り専門の業者に依頼する場合が高くなっています。

 Read More